■古典を楽しむ講座「古典の海」 in りぶら
​「春ってあけぼのよ〜『枕草子』を橋本治とともに読む」
 
​  2019年度 受講生募集開始

古典文学は、難しいもの、高尚なものだと思っていませんか?

いえいえ、千年前の人たちだって、生まれて生きて死んで行くのは皆同じ。

​その生き死にの中の、喜びや悲しみを書きつけた中から生まれたのが、「古典文学」です。

学生時代に暗唱させられた「春はあけぼの」

でも、よく考えてみてください。春といえば、「花」ではないかと思いませんか?

しかし、作者清少納言には「あけぼの」でなければならなかったのです。

そうでなければならなかった、その裏側に込められた思いとは何か?

そこには、平安時代の権力をめぐる大きな時代の流れがあったのです、、、

まるで、大河ドラマのような解説ですが、「古典を楽しむ講座」今回は(も?)「枕草子」を取り上げます。

2019年1月に亡くなった橋本治氏の「桃尻語訳 枕草子」を訳本として、日本最古の随筆「枕草子」を読んでいきたいと思います。

日本の古典文学の名作「枕草子」を楽しんでみませんか?

日時:毎月第4土曜日 13:30〜14:30 

   全10回  4/27、  5/25、  6/22、  7/27、  8/24、  9/28、  11/23、  1/25、  2/22、  3/28

   (10月、12月はお休みです)

会場​:図書館交流プラザりぶら102A
受講料:16,000円(全10回)(資料代込み)/ 1,500円/1回

・時間に制限があり、講座の時間を確保するため、今年度より事前に指定口座への振込みをお願い致します。ご理解の程よろしくお願いします。

・1ヶ月ごとの納入の場合には、毎月1,500円。初回には入会金(設備費)1,000円を添えて振込みをお願いします。

​・振込み手数料は、お客様の負担でお願いいたします。

※​お申込、お問合せは、メールフォームからお願いします。

 お電話の場合は、090-9949-8621(あべ)まで。

 留守番電話にメッセージを残してください。折り返しご連絡を差し上げます。

© 2018 by kotobanoumi KUMIKO. Proudly created with Wix.com